borologue

ぼろろのイラスト・小説サイト

結鈴

泪子と同じくとある神のもとに仕えている。読みは「ゆいりん」
犬耳娘。あまり出番はないが、大変気が強い幼女。見かけは幼女だが
実年齢は謎。彼女に年齢を尋ねた者は何故か行方をくらますという
噂があるため、誰も聞こうとしなくなった。泪子とは親同士が決めた許嫁である。

気が弱く女の子のような泪子に、もっとしっかりして欲しいと思い色々と
画策するがなかなか成功していない様子。苦労人である。

彼女の主人はかなり癖の強い人物であるらしく、訪ねてくる者はむしろ
不在であることを祈っている。そんな主人をうまくあしらえるのは結鈴のみ。
そのために気が強くなったのだ、と泪子などは嘆いているそうな。